ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP その他ゲーム どこでもいっしょ

『どこでもいっしょ』が初代PSで発売された日。ポケステとの連動が斬新な“お話しゲーム”でマスコットキャラクターのトロは一躍人気者に【今日は何の日?】

まさにプレイステーションの顔

 いまから22年前の1999年(平成11年)7月22日は、プレイステーション用ソフト『どこでもいっしょ』が発売された日。

広告--> 広告

 『どこでもいっしょ』は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(当時)から発売されたコミュニケーションゲームで、数あるシリーズ作品の記念すべき第1作。“どこいつ”の愛称でおなじみだ。個性豊かなキャラクター“ポケピ(ポケットピープル)”たちにコトバを覚えさせて、さまざまな会話を楽しんでいく。プレイステーションの顔とも言っていいほどの存在感を示したマスコットキャラクターのトロは、本作で初登場し、一躍人気者となった。ちなみに、トロのフルネームは井上トロという。

※ナガノさんの『どこでもいっしょ』や『こねこもいっしょ』にまつわるコラムはこちら



 本作最大の特徴は、やはり“ポケットステーション(略称ポケステ)”との連動。プレイステーションを起動していなくてもポケステを使えばポケピを連れ出すことが可能で、外出先などでもコミュニケーションを楽しめた。

 ポケピたちと会話を交わすという感覚は、電子ペットとも育成ゲームとも異なる新しい体験で、当時としては非常に斬新。覚えさせたコトバを使ってくれればうれしかったし、どこかとぼけた感じに会話が展開したときは大いに笑わされてしまったのを覚えている。不意にポケステを覗くとトロが寝ていたりするなど、ふだん見られない姿を垣間見られるのには、思わず癒やされてしまった人も多かったのではないだろうか。

 ポケステの赤外線通信機能を使えば、教えたコトバを使って友だちのキャラクターとしりとりをしたり、名刺交換をしたりすることもできた。なお、ポケットステーションとは1999年1月23日に発売された小型携帯端末。モノクロの液晶ディスプレイや操作ボタンが付いており、さまざまなゲームと連動してコンテンツを楽しめた。

 プレイステーション上ではポケピの部屋があり、そこでポケピたちは10日間を過ごすのだが、日程を終えるとお別れとなってエンディングが流れる仕組みになっている。別れを切り出し去っていくポケピの姿には、胸が締め付けられる思いだった人もいたのではないかな。ポケピが去った後でも部屋に入ることは可能で、誰もいなくなった部屋を見られるのがまた切ないものだった。

コメントを投稿する

最新記事

Switch『東方スペルバブル』オンライン対戦を含む大型アップデートが実施決定。ランクマッチ、プライベートマッチが追加
ファミ通.com / 3分前
アニメ『ドルフロ』放送時期が決定!
電撃オンライン / 13分前
Twitterを盛り上げた“エヴァ回”の気になる内容。NHKのパペット番組をきっかけにお祭り騒ぎ!?【トレンドワード解説】
ファミ通.com / 約1時間前
『真・女神転生III』暗闇でタトゥーが光る! 人修羅が1/1胸像フィギュアに
電撃オンライン / 約1時間前
『鬼滅の刃』血風激闘えんぴつ3弾には胡蝶しのぶ、4弾には煉獄杏寿郎が登場
電撃オンライン / 約1時間前