ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

『SOA』×『P5R』コラボの魅力に心を盗まれた奴らの座談会。コラボ楽しむためのポイントを語り尽くす!

 スクウェア・エニックスのスマートフォン用RPG『スターオーシャン:アナムネシス(SOA)』において、2019年10月31日にアトラスからリリースされる『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)』のコラボイベントが開催中です。



 11月7日まで開催される『P5R』コラボ。意外な登場キャラクターと想像をこえるクオリティに、界隈は異様な熱気に満ちています。どこがどうすごいのか。それを語るために、電撃のライター陣が緊急座談会を開催しました!

 双方のゲームファン、担当者がこのコラボの魅力を語り、さらにこれから始める人への楽しみ方やコツを伝授します!

【座談会参加者】

タダツグ:『SOA』をプレイし尽くしている担当ライター。『ペルソナ』シリーズも既プレイで、今回のコラボの推しメンは鳴上くん。理由はもちろんセクシーだから。

まさん:電撃PlayStationの『ペルソナ』担当ライターで、『ペルソナ』のご意見番として参加。全シリーズに加え、10月31日に発売を控えた『P5R』もプレイ済み。

信濃川あずき:『女神転生』シリーズから入った熱狂的アトラスファン。今回のコラボにホイホイされて、『SOA』の世界の足を踏み入れたばかりの駆け出し艦長。

熱狂者のパレスへようこそ

タダツグ:信濃川さんは今回のコラボから『SOA』デビューしたそうだけど、調子はどう?

信濃川:初めての10連ガチャで、ジョーカーが3体出ましたよ。



タダツグ:ええーーーーっ! いやいや……ええ……? マジか……。

まさん:語彙力が消失しちゃったじゃないですか(笑)。

信濃川:排出率を見ないで引いたんですけど、やっぱりそれくらいビックリするものですか?

タダツグ:スーパーピックアップを引いたとしても、できすぎ……!

信濃川:なるほど……明日あたり事故に遭うかもしれません……。

タダツグ:命あるうちは、せっかくだからぜひこの機会に『SOA』を遊んでみていただきたい!

信濃川:はい! 本編と並行してイベントのストーリーを進め始めました!

タダツグ:ジョーカーはかなり強いんで、楽しくゲームを進められるはず。まあ、僕はまだ引けてないけどな!

タダツグ:さて、信濃川さんとまさんの2人には、『ペルソナ』好きの視点からコラボシナリオなどについて感想を聞きたいんだけど。

まさん:僕は電撃PlayStationの『ペルソナ』担当なので、『P5R』は事前にプレイしていまして。だから、かすみについて語れますよ。

信濃川:『P5R』での追加キャラ、芳澤かすみが発売前なのに今回のコラボに出ちゃっていますよね。

タダツグ:じゃあまず『ペルソナ』ファンとして、今回のように発売前タイトルのキャラクターがガッツリ出てくるのってどう思った?

まさん:よく出したなぁって感じです。

信濃川:そうそう。まずは驚きが大きかったですね。

まさん:とにかく、かすみを出すっていうのがすごい。まだどんなキャラクターなのか、誰もわかっていないのに!

タダツグ:『ペルソナ』シリーズって歴史が長いじゃない。そもそも『女神転生』の系譜ですし、少しお堅い印象があったんだよね。そう簡単に、他のタイトルに心を開かないぞ……みたいな。

まさん:コラボを積極的にやるようになったのは『ペルソナ4(P4)』以降だったかと。最近では『ぷよぷよ!!クエスト』や『グランブルーファンタジー』ともコラボしていますね。そういえば、『ペルソナ3(P3)』や『P4』の主人公はちゃんと名前で呼ばれていますけど、ジョーカーはずっとジョーカーですよね。本名で呼ばれない。

信濃川:『ペルソナ2』以外の『ペルソナ』シリーズは基本、主人公の名前が決まっていないので、それを踏襲しているんじゃないですか? 名前を呼ばずに進められるなら、それに越したことはない……みたいな。

タダツグ:鳴上くんも結城くんも、アニメや劇場版の名前だからね。名前だけじゃなく、ゲーム版では無味無臭気味だった主人公たちの個性が見えたり、主人公同士で会話したりするのは新鮮なんじゃないかな? あ、でも『ペルソナQ』で交流しているのか。

まさん:『ペルソナQ』、『ペルソナQ2』で主人公たちは会ってはいるんですけど、あれはクリア後に記憶を失ってしまうので、毎回初対面なんですよ(笑)。

タダツグ:なるほど。原作のそういった部分も、今回のコラボはリスペクトしているのかもしれないね。

まさん:今回のコラボシナリオのあと、記憶を失うのかはわかりませんが、これまでは基本的にリセットがかかってきました。

タダツグ:会話を見ていると、それぞれタルタロス(P3)、マヨナカテレビ(P4)、パレス(P5)にいるときに、『SOA』の世界に呼ばれているようだから一夜限りの夢……なのかもしれない。

芳澤かすみのバトル演出がひとあし先に見られる!?

まさん:かすみは、『P5R』の中でも特殊なキャラクターなんですよ。詳しくはプレイしてから確認していただきたいんですけど。だからこそ今回のコラボ、先出ししちゃっていいのかな……って思いました。もちろんネタバレには配慮されてましたが。

コメントを投稿する

関連トピック

ツキプロ舞台&劇場版SOARAなど「2.5次元ダンスライブ」シリーズ5作品がDMMで配信決定
4Gamer.net / 約2ヶ月前
『デカダンス』4話。ナツメは初めてガドルと戦う!
電撃オンライン / 2ヶ月前
新チーム“スイートブラウン”が追加。コンセプトは探偵!?【電撃エンソル日記#13】
電撃オンライン / 2ヶ月前
『SOA』神翼のマリアと賢神のマスティマが参戦
電撃オンライン / 5ヶ月前
『SOA』と『新サクラ大戦』コラボで望月あざみ、アナスタシア”参戦
電撃オンライン / 6ヶ月前