ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

BitSummit The 8th Bitに期すること。8回目の開催に向けての手応えをJIGAメンバーに聞く。クリエイターからの応援コメントも到着

 日本最大規模規模のインディーゲームの祭典として、ゲームファンの 注目を集める BitSummit。2020年5月9日~10日には、京都市勧業館みやこめっせにて、8回目となるBitSummitが開催されることが明らかにされている。その開催に向けて、一般出展者向けのエントリーを開始した同イベントだが(※)、8回目のBitSummitはどのような進化を遂げるのか? ここでは、BitSummitを主催する日本インディペンデント・ゲーム協会 (JIGA)の理事長である富永彰一氏と、副理事長の小清水史氏、そして理事を務める村上雅彦氏の3名に、8回目の開催に向けての抱負を聞いた。

-->

※応募締め切りは1月13日までだったが、レイトエントリー受付が行われることが決定した。 レイトエントリーの締め切りは1月20日(月)17時(日本時間)まで。レイトエントリーの応募には、通常のエントリー料に加え 1000円[税抜]が別途必要になるとのこと。



富永彰一氏(写真中央)

キュー・ゲームス クリエイティブディレクター

小清水史氏(写真左)

ピグミースタジオ 代表取締役

村上雅彦氏(写真右)

スケルトンクルースタジオ 代表取締役

より広がりが出てきたことで大きな手応えを感じた

——まずは、2019年6月に開催されたBitSummit 7 Spiritsに対する手応えを教えてください。

小清水他業種の企業から協賛をいただいたりしたこともあり、イベントとしてより広がりがでてきたという手応えは感じました。さらには、これはここ数年の流れとなりますが、インディーゲームをパブリッシングしてくれるゲームメーカーさんが増えていることも後押しになりました。それだけインディーゲームがビジネスになりえると判断してくれているのだと思います。僕としては、もっとパブリッシャーさんに参入していただいて、デベロッパーさんがソフトを売るチャンスを増やしてもらえればと願っているので、この熱量は継続してほしいです。

富永2日間の入場者数が、前年比で約1.6倍となる17038人を記録したのも大きな自信になっていますね。

小清水じつは2019年の開催するにあたっては、目標入場者数を前年の2倍の20000人に設定していたんですよ。そのためには一般の方にもBitSummitのことをもっと知っていただかないといけないということで、SNSなどを含めPRには力を入れました。

——入場者の想定設定が2倍だったというのは、かなりな強気ですね。

村上僕たちはこれまでPRがぜんぜんできていなかったんですよ。BitSummitには、PRをすればそれだけのお客さんがいらっしゃってくれるポテンシャルがあるという自信はありました。

——イベントとして、より成熟してきたということですね。

村上新たな取り組みとして手応えを感じたのはゲームジャムです。BitSummitでは、今年からクリエイター育成の見地から、京都や大阪の学生さんが参加してのゲームジャムを実施しました。学生さんたちには1泊2日でゲームを作ってもらって、BitSummitの会場で実際に出展したのですが、とても有意義でした。若い人たちが可能性と直接触れ合える場としての価値を創出できたのではないかと。来場者にとっても、若い感性の作品に触れるいい機会になったと思っています。

小清水とても意義がありましたね。無理をしてでもここは将来のために広げたいです。

村上運営していくのはとてもたいへんだとは思うのですが、ゲームジャムに関しては、徐々に規模を拡大していきたいです。ゆくゆくは世界規模でやりたいですね!



BitSummit 7 Spiritsの模様から。これからのゲーム開発は作家性が重要になる

——そんなこんなで2020年に8回目のBitSummit が開催されるわけですが……。

富永はい。ようやく正式名称も決まりました。BitSummit The 8th Bitです。

村上BitSummitでは、毎年斬新な取り組みをしつつも、同じスピリッツを保っていかないといけないという気持ちで取り組んでいます。その中で、毎年イベントを象徴するキャラクターを作っているのですが、それは基本的に日本の文化を大切にしていて、ポップカルチャーだったり、サラリーマンだったり、招き猫だったりします。2020年は8回目でついに8ビットが使えるということで、末広がりの富士山に8本足のタコが絡んでいる……というビジュアルを予定しています。タコの足はファミコンやメガドライブなど、歴代のゲームコントローラを握っているんですよ。ゲームの歴史やユーザーや開発者がつながっていることを感じていただけたら……ということでつけたネーミングです。

富永テーマは、2019年は“多様性”だったのですが、2020年は“フレキシビリティ”です。2020年は5Gが始まりますし、クラウドゲーミングも本格化します。ゲームの可能性もさらに広がっていくということで、クリエイターは“どういうアイデンティティーで作品を作りますか?”ということで、作家性がものすごく重要になってくると思います。これから変わっていくゲームに対してどう対応していくのかも重要なスキルなのではないか……ということでのフレキシビリティです。

コメントを投稿する

関連トピック

「サモンズボード」,オートマタの覚醒が決定。6周年記念イベントや新モンスターなどが発表された公式番組を総まとめ
4Gamer.net / 32分前
Nintendo Switch版「奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ」が配信開始。「グウェント」をベースとした戦闘システムが特徴のカードバトルRPG
4Gamer.net / 約3時間前
Twitterゲームコンテンツの責任者リシ・チャダ氏に聞く。ゲーム・eスポーツとTwitterは相思相愛の関係にある日本のゲーマー、Twitter好き過ぎ! FGOが“2019年全世界でもっとも呟かれ
ファミ通.com / 約3時間前
“GTMF2020”が大阪・東京で今年も開催決定。アプリ・ゲームの開発、運営に関わるソリューションが一堂に集う
ファミ通.com / 約3時間前
自由すぎるウサギ“スキウサギ”のLINEスタンプを無料で手に入れるには?
電撃オンライン / 約3時間前