ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP その他ゲーム ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』20周年。PSで発売された大ボリューム作品で、“石版”を集めて世界を広げていく独自の遊びも話題に【今日は何の日?】

『VI』から5年。PSにフォーマットを移して発売されたシリーズ7作目。

 いまから20年前の2000年(平成12年)8月26日は、プレイステーション用ソフト『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』が発売された日。

広告--> 広告

 『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』はエニックス(当時)から発売された『ドラゴンクエスト』シリーズの本編第7作で、移植を除くと初めて任天堂以外のハードで発売されたシリーズ作品でした。



 本作は1995年発売の『ドラゴンクエストVI 幻の大地』から5年ぶりのシリーズ新作ということでファンの期待も大きく、380万本を超える大ヒットを記録しました(数字はファミ通調べ)。

 余談ですが、次作の『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』はスクウェア・エニックスから発売されるわけですが、エニックス最後の作品は『VII』の仲間キャラクターであるキーファが主人公の外伝『ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート』だったりします。

 プレイステーションで発売された『VII』はポリゴンを使った俯瞰視点の3Dマップに。視点を動かして隠された扉や宝箱を探す楽しみが増えました。一方でキャラクターやオブジェクトは2Dのテクスチャが使われており、『ドラゴンクエスト』らしい雰囲気もしっかり画面に残っていました。

 また、初代プレイステーションはCD-ROMでゲームの読み込みが長いという特徴がありましたが、本作は先に次のデータを読み込みを行っているため、アクセスが早く、ストレスを感じることなくプレイすることができました。



 ゲームとしては“石版”システムという『VII』独自のシステムが搭載されていました。これは、各地にある謎の石版を集めることで見知らぬ土地に移動できるようになるというもの。

 最初はひとつの島で始まる本作ですが、冒険を進めることで、どんどん壮大なスケールになっていきます。ゲーム自体のボリュームも多く、のんびりプレイするとクリアーまでに100時間ぐらいかかることも。

 ストーリーは各地で起こる問題を主人公たちが解決していくという内容ですが、重めで悲劇的な内容のものが多かったですね。悲しいストーリーも多いのがシリーズの特徴ですが、『VII』はとくにやるせないものが多かったです。

コメントを投稿する

最新記事

次世代機版「NBA 2K21」のプレイの模様を開発者が解説する最新トレイラー公開
4Gamer.net / 約1分前
すみだ水族館が「あつまれ どうぶつの森」で“すみすい島”を公開。チンアナゴの日(11月11日)にはファンミーティングを開催予定
4Gamer.net / 約1分前
「ラグマス」に猫のような風貌の新職業“ドラム族”が登場。港町ラザーニャなど新たなマップも追加
4Gamer.net / 約1分前
PS5は長期的に1億台超えを目指す。ソニーが2020年度第2四半期の業績発表会をオンラインで開催
4Gamer.net / 約1分前
「機動戦士ガンダム 戦場の絆II」,第1弾PVとキービジュアル,新筐体が公開。機体カテゴリーごとの特殊アクションやMSデッキシステムの紹介も
4Gamer.net / 約1分前