ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP PS4ゲーム Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)』国内独占インタビュー【ゲームデザイン編】 精巧な表現と重厚な物語が描き出す“その世界”

ストーリーとデザインが表現するマイルズ・モラレスの“冒険”

 2018年にプレイステーション4で発売され、その完成度と斬新なアクションで大ヒットを記録した『Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)』。その続編であり、プレイステーション5のローンチタイトルとして2020年11月12日にソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されるのが、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)』だ。

広告--> 広告

『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』(PS5版)の購入はこちら (Amazon.co.jp)『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』(PS4版)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 情報が徐々に公開され、期待も高まっている本作。今回は、前作に続いて本作でも開発を一手に担う開発スタジオ、Insomniac Games(インソムニアックゲームズ)のキーパーソンたちに、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』に込めた情熱と技術を語っていただく機会を得た。

 国内ではファミ通独占となるその貴重な“肉声”で、本作が実現するまったく新しいゲーム体験をお伝えする。本記事ではゲームデザインに焦点を当てて、リードライターのBenjamin Arfmann(ベンジャミン・アルフマン)氏、アートディレクターのGavin Goulden(ギャビン・ゴールデン)氏、そしてシニアアニメーターのJames Ham(ジェームズ・ハム)氏に話を訊いた。

ティンカラーの正体やヴィランは、いい意味で皆さんを驚かせるでしょう

インソムニアックゲームズ/リードライターのベンジャミン・アルフマン氏。WGA(全米脚本家組合賞)とBAFTA(英国アカデミー賞)にノミネートされた経験のある、テレビや映画でも活躍する脚本家・監督。 前作で初めてゲーム作品に関わることになり、本作の脚本も手掛けている。

——まずは、前作と本作の物語のあいだを埋めるための質問をさせてください。本作は、前作から1年後の物語ですが、この1年間にマイルズとピーターはニューヨークの人々からどう認知されていたのでしょうか?

ベンジャミンいい質問ですね。ゲームの開始時点では、ニューヨーク市民はふたりのスパイダーマンがいると知っています。ただ、ふたり目のスパイダーマンがどんなヒーローなのか、まったくわかっていないのです。ふたり目のスパイダーマンが現れたことがいいことなのか悪いことなのか、その意見も揺れています。「ひとり目のスパイダーマンのクローンでは?」なんて話もあるくらいです(笑)。

——なるほど。

ベンジャミンそして本作は、マイルズがどのようなスパイダーマンになっていくか、それを決断していく話です。マーベルが生み出すストーリーの魅力のひとつに、スーパーヒーローとしての自己を描く部分があります。そして、それ以上に魅力なのは、“ひとりの人間として”という部分と“スーパーヒーローとして”という部分が、心の中で衝突したり結びつき合ったりするところにあると思うんです。

——確かにそういった葛藤はマーベル作品でよく描かれますね。

ベンジャミンその決断に対して、ニューヨークの人々、とくにハーレム地区の人たちが彼をどのように受け入れていくのか、その変化を描く物語でもあります。本作のマイルズはブルックリン生まれのブルックリン育ちですが、数ヵ月前にハーレム地区へ引っ越してきました。ハーレムは嫌いじゃないし、いい街だとも思っているものの、まだここを地元としては感じられないでいる状態です。
 
 でも、いろいろな冒険や困難を経て、マイルズ自身がハーレム地区になじんで、より好きになっていきます。他方でハーレム地区の人たちも、最初は新しいスパイダーマンに疑念を抱いていますが、徐々に彼のことを認めていく……。ある種、ハーレムの人々とマイルズのラブストーリーのようなものですね(笑)。

——それはステキですね(笑)。そして、マイルズの変化をわかりやすくするために、ピーターが街を離れると。

ベンジャミンはい。本作はマイルズ・モラレスが自分らしいヒーローになっていく話なので、ピーター・パーカーには優雅な感じで、早い段階で舞台から退場していただくことにしました。それによって、ニューヨーク市民がマイルズ・モラレスに集中し、マイルズがどのような人間なのか、そこにニューヨーク市民の関心が向くという展開を作りたかったのです。

——マイルズは最初、ピーターのようなスーツを着ていて、途中から黒いスーツに変わるようです。これは「ピーターとは違うスパイダーマンとして独り立ちする」ということを表現しているのですか?

ベンジャミンそこに気付いてもらえたのはうれしいですね! マイルズといえば、多くのファンが黒と赤のスーツを連想すると思いますが、私たちはそれをストーリーに結び付けたかったのです。

 ピーターからのプレゼントをマイルズが開けると、そこにスパイダーマンスーツが入っているシーンがある動画も公開されているのですが、あの場面でピーターが黒と赤のスーツを贈る……とは、したくありませんでした。マイルズが自分自身で「自分はこういうスパイダーマンだ」と考え、その結果として黒と赤のスーツを身に付けてほしかったので。

コメントを投稿する

関連トピック

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)』国内独占インタビュー【ゲームシステム編】PS5の技術を投入した新たな“親愛なる隣人”
ファミ通.com / 約1ヶ月前