ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP その他ゲーム 機動戦士ガンダム 戦場の絆II

『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』メディア体験会リポート。筐体は大型3画面モニターのコックピット型に。14年ぶりの続編で戦場が劇的に進化!

 2006年に稼動を開始した、バンダイナムコアミューズメントのアーケードタイトル『機動戦士ガンダム 戦場の絆』。その名の通り『機動戦士ガンダム』を題材とした多人数対戦ゲームで、最大の特徴はP.O.D.型の筐体に乗り込み、ドームスクリーンに映し出されたコックピットからの視点でモビルスーツを操縦できること。稼動から約14年が経過したいまでも、ゲームセンターで現役稼動している根強い人気タイトルだ。

広告--> 広告

 そんな『機動戦士ガンダム 戦場の絆』の続編である『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』(以下、『戦場の絆II』)が、2020年2月に開催されたアミューズメントマシンの祭典“ジャパンアミューズメントエキスポ2020(JAEPO2020)で発表され、大きな注目を浴びた。ただ、発表以降は一部プレイムービーなどは公開されたものの、具体的にどんなゲームになるのか、筐体はどうなるのかなどといった続報はこれといって音沙汰のない状態が続いた。



 そして今回、2020年10月29日~11月1日に実施予定のるロケテストに合わせて、『戦場の絆II』のメディア体験会が開催された。本記事では、いよいよベールを脱いだ『戦場の絆II』が、どのようなゲームになっているのか解説しよう。開発はバンダイナムコアミューズメントとバイキングがタッグを組んで手掛けており、現在の完成度は50%ほどとのこと。稼動時とは大きく異なる点がある場合もあるのでご了承願いたい。

P.O.D.型の筐体は、大型モニター筐体へ

 まずは本作の筐体について。前作はP.O.D.型の筐体で、ゲーム画面は周囲から見えない状態だった(ターミナルから試合の様子を俯瞰視点で見ることはできた)。それが今回、3枚の縦型モニターを使用しての筐体に変わったのは大きな変更点だろう。具体的に言うと、43インチフルHDモニターを3枚使用している。



 また、筐体自体は『機動戦士ガンダム 08MS小隊』の設定画をもとに、作中の1年戦争時代のコックピットを模したデザインになっている。外周は白を基調としたデザインで、座席部分はミリタリー色の強いグリーンがかった配色となっており、これがなかなかにカッコイイ。

コメントを投稿する

最新記事

『ガルパン 戦車道大作戦』クリスマス衣装“西住しほ”はヘソ出しサンタ家元! “クリスマス生徒ガチャ”本日(11/30)より開催
ファミ通.com / 約4時間前
『ドラゴンクエストX』バージョン5.4最新情報。魔界の物語もついに佳境へ……そして、新職業に“魔剣士”が登場!
ファミ通.com / 約4時間前
『鬼滅の刃』12月分のカレンダー壁紙が公開。降りしきる雪の中、炭治郎と禰豆子は何を思うのか
ファミ通.com / 約4時間前
新職業魔剣士登場! 『ドラゴンクエストX』バージョン5.4最新情報解禁
電撃オンライン / 約5時間前
【オススメDLゲーム】ファンタジー世界で本格推理! 『アルネの事件簿』は貴族令嬢と吸血鬼探偵の推理ADV
電撃オンライン / 約5時間前