ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

“アストロシティミニ”レビュー。名作アーケードゲーム全37タイトルを遊び尽くそう。セーブ&ロード機能など、本体機能をメインにご紹介

 2020年12月17日に、セガより発売される“アストロシティミニ”(企画・制作はセガトイズ)。アストロシティミニは、1990年代にゲームセンターに登場したゲーム筐体“アストロシティ”を6分の1のサイズで忠実に再現したもので、全37タイトルが遊べる。価格は12800円[税抜]。

広告--> 広告

 今回、ファミ通.com編集部に、アストロシティミニの製品版に相当する、サンプル版が到着した。本記事では、おもに本体自体のメニュー機能などについて、詳しくレビューしていこう。本体の接続端子や大きさ、付属品、遊び心地などについては、下記記事で詳しく解説されているので、ぜひ合わせてチェックしてほしい

『アストロシティミニ』の購入はこちら (Amazon.co.jp)アストロシティミニ本体仕様について

 アストロシティミニは、液晶モニターとコントロールパネルを模したレバーとボタンが付いているのが特徴。電源ケーブルはUSB接続となっており、USBポートさえあればどこでも遊べる。液晶モニターにはゲーム画面が映し出されるので、モニター要らず。さすがにゲームセンターの気分、とまではいかないが、遊び心地と雰囲気はちょこっとゲーセン風味。



左がアストロシティミニ。右はメガドライブミニ

 本体の液晶モニターの画面比率は4:3で、HDMI端子でモニターなどに接続すれば、16:9の画面比率で、720pの解像度で遊べる。モニターに接続した場合は、本体モニターはオフとなり、大型コントローラーと化す。

 レバーやボタンはアストロシティに使用されていた素材を使用しているので、ボタンの押し心地はまさにそのもの。レバーは倒したときの“カチカチ感”が強く、かなりしっかりとした操作感となっている。



ボタン配置

 ただ、やはりどうしても小さい。ボタンは小さくても、操作感にさほど問題なし。レバーに関しては、レバーを握るというより、つまむように操作しなければならないので、少々遊びにくいというのが本音。本格的に遊びたければ、別売りの専用コントロールパッド、または専用アーケードスティックを購入するのがベストだろう。

 ちなみにほかのコントローラー、アーケードスティックを接続してみたところ、動作することはなかった。

アストロシティミニの機能

 起動するとゲーム選択画面となり、レバーの上下で収録タイトル全37本を選択可能。左右にレバーを入れると、いくつか用意されたスクリーンショットを閲覧できる。

コメントを投稿する

最新記事

【Amazonプライムビデオ】2月は実写映画『かぐや様は告らせたい』『ここさけ』などが配信。アニメ『新テニスの王子様』とそのOVAシリーズも
ファミ通.com / 11分前
PS5版『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』1月28日14時に配信。PS4版との違いが明らかに
ファミ通.com / 11分前
2月配信に向け、注目度上昇中。ニトロプラス原作『咲う アルスノトリア』事前登録20万人達成!
電撃オンライン / 21分前
『あつ森』マリオの家具が3月に登場! 1月28日アップデートで“カーニバル”が追加
電撃オンライン / 21分前
『ぎゃるがん りたーんず』情報まとめ。登場キャラやシステム、やり込み要素などを掲載
電撃オンライン / 21分前