ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP PCゲーム Phantom Rose

戦うメイドが主人公のローグライクカードゲーム『Phantom Rose』プレイレポート!可愛いキャラクターと高難度なゲーム内容




戦うメイド「レイナ」を操り、ご主人様を探すためにファントムの巣食う屋敷を探索する高難度なローグライクカードゲーム『Phantom Rose』のプレイレポートをお届けします。

本作はサンフランシスコ在住のUIデザイナー兼ホビーイラストレーターのmakaroll氏が開発し、氏のワンマンスタジオであるStudio Makaと、中国のMaple Whispering(上海聴楓語数字伝媒科技有限公司)によって8月8日にSteamで配信されました(ちなみに中国でのタイトルは『薔薇的夜宴』)。ローグライクカードゲーム『Slay the Spire』のヒットにより、「ローグライク」と「DBG(デッキビルディングゲーム)」の相性が良いことから『NEOVERSE』、『Card Monsters: Dungeon』、『Fate Hunters』などの中毒性の高いフォロワーゲームが登場し、今現在においてもこれらのゲームが筆者の時間を奪っています。

DBGはボードゲーム「ドミニオン」のヒットから世界的に流行していきました。弱い初期デッキからスタートし、ゲーム中にカードを増やしていく(もしくはデッキ圧縮のために減らしていく)ことで自分のデッキを強化していきます。この要素をローグライクに取り入れることにより、「シングルプレイでDBGを楽しめる」という、ボードゲームファンにとっては嬉しいゲームジャンルが出来上がりました。

ただ、ローグライクカードゲームはそのカードの種類の多さや、ステージが進むにつれて敵を強くしていかなくてはならないことから、ゲームバランスの調整が難しくなります。他のRPGゲームと違い、プレイヤーがどの地点でどれだけ強くなっているかの推測が付けにくいからです。この手のゲームで「難度がやたらと高い」というのは「運要素が強い」ということ、すなわち「プレイヤーが頭を使ってゲームに介入する余地があまりない」ということにもなり、ゲームとしてはつまらなくなってしまう可能性もあります(一瞬で勝負の決まるギャンブルならそれでもいいのですが)。

『Phantom Rose』ティザートレイラー
逆にクリアが簡単すぎても面白くないので(「強すぎるカードがある」「開発者が予期していなかった即死コンボがある」など)、ゲームバランスを取るのは本当に困難かと思います。このようなことから開発側だけでのバランス調整では難しいため、ユーザーのフィードバックを受けながら頻繁にアップデートを繰り返していくというスタイルが定着してきています。

例えば『NEOVERSE』はアップデートによってバランスだけでなくゲームシステム自体もいくつか変更されており、リプレイ性の高いゲームに仕上がってきています。本作も配信後に何度かパッチが当たり、本レポート執筆時はパッチ1.2.0(開発者の表現では「スーパーパッチ1.2.0」)でバランス調整もされました。

本作のゲーム内容ですが、プレイヤーは戦闘メイド「レイナ」となり、自分のデッキを強化しながら悪鬼「ファントム」たちが徘徊する屋敷を探索し、ご主人様を探し出すのが目的です。DBGながら「使ったカードは消費されてしまう(デッキから消える)」というゲームシステムを採用し、『Slay the Spire』など先行ゲームとの差別化を図っています。これだけ聞くと「デッキビルドできないのでは。そもそもカードが足りなくなってゲームとして成り立たないのでは」といろいろ疑問点が湧いてきます。いったいどのようなゲームなのでしょうか。さっそくプレイしていきましょう。

使ったカードはデッキから消える!永遠に!



ゲームスタートすると、猫耳の「不思議な少女」が登場。本作の遊び方について教えてくれます。ゲーム全般的には、黒をモチーフとした画面と寂しげなピアノ曲によって、ダークなゴシック世界のイメージを醸し出しています。




スタート地点は、猫耳少女のすぐ右に見えるマップの赤い部屋からです。そこから右へ行くか下へ行くかを選べます。マップの一番右下の赤い階段マークまでたどり着ければステージクリア。猫耳少女は「もっと詳しく説明するのもできるけど、めんどいからまず戦ってみよう!」とアバウトな感じです。まあ、実際自分で動かした方が分かりやすいですね。右の部屋に行きましょう。




「RPGのザコ敵」でお馴染みのスライムとの戦闘が始まりました。画面中央(フィールド)にカードが5枚並んでいますが、これがこのターン内で行われるアクションです。赤いカードはプレイヤー、青いカードは敵(スライム)のものです。




フィールド一番右の「バトルボタン」(白い菱形のボタン)を押すと戦闘が始まり、左のカードから処理が行われていきます(ここでは「プレイヤー防御」→「敵防御」→「プレイヤー攻撃」→「敵攻撃」→「プレイヤー2回攻撃」の順に処理)。攻撃時は、レイナの攻撃力に等しいダメージを与えます(現在5)。また防御ではシールドを貼ることができ、これもレイナの防御力に依存します(現在5)。




さて、5枚カードが処理され、1ターン目が終了しました。ここで本作最大の特徴なのですが、戦闘で使われた5枚のカードはデッキから消えます。バトル中だけでなく、猫耳少女の言うように「永遠に!フォーエバー!!」です(嬉しそうですね)。つまりプレイヤーのデッキ枚数も減ってしまうのです。




「デッキのカードがなくなって、あっという間に手詰まりになってしまうのではないか」と思ったのですが、「ストライク(攻撃)」「ヒール(回復)」「シールド(防御)」の3種類の基本カードには「使用後にカードをデッキに戻す」と書かれているので、これらが消えることはありません。さすがにカード不足で基本行動までできなくなったらゲームになりませんしね。




デッキがシャッフルされ、2ターン目開始。新たにフィールドに並んだ5枚のカードは、先ほどのように自分と敵が交互という形ではありません。この順番は毎回ランダム。変更することは不可能です。




ならばプレイヤーはこのゲームの何に介入すればいいのかというと、フィールドに並ぶ自分のカードと、手札(画面下に並ぶ6枚のカード)を入れ替えることです。例えばフィールドに強いカードがあった場合、「ザコ相手に消費するのはもったいない(次のバトルで使えなくなりますしね)」と思ったら、手札にある消費されないカード(ここでは「ストライク」)と入れ替えましょう。こうして強いカードをボス戦などに温存しておくことができます。




手札の6枚は、ターンが終わっても入れ替えはありません。「フィールドのカードを交換したいけど、手札にも良いカードがない」ときはどうすればいいのか。ここでは「リドロー」を使います。手札のカードのどれかを右クリックすることで、デッキ内のカード1枚(ランダム)と交換することができます。ただしリドロー1回につき、「ソウルローズ」と呼ばれるゲーム内通貨が1消費されます。ソウルローズは敵を倒したりすることで入手できます。




スライムを撃破。12ローズを得ることができ、バトルで使用されなかった手札とフィールド上のカードがデッキに戻されます。




攻撃用・防御用の2種類のカードもゲットすることができます。カードのペアが2つ出てくるので、欲しい方を選択しましょう。またカードの左側にはデッキ内にある同カードの枚数、右側にはスキルレベル(要はレア度。数字が大きいほどレア度が高い)が書かれています。これを参考にしてカードを選ぶといいでしょう。スキルレベルのないものは、先ほど紹介した「消費されないカード」です。

コメントを投稿する

関連トピック

ローグライクダイスゲーム『Dicey Dungeons』プレイレポート!勝負を決めるのは運か、それとも戦略か
Game*Spark / 1年以上前
週末セール情報ひとまとめ『魔界戦記ディスガイア5』『No Man's Sky』『Cuphead』『OUTLAST 2』他
Game*Spark / 2年弱前
クールなメイドが主人公のローグライクカードゲーム『Phantom Rose』Steamで配信、スキン要素や異色のデッキビルドシステムを搭載
Game*Spark / 2年弱前
今週発売の新作ゲーム『Wolfenstein: Youngblood』『METAL WOLF CHAOS XD』『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION』他
Game*Spark / 2年弱前