ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

「The Lord of the Rings: Gollum」のライブデモが公開に。“指輪物語”のひ弱なゴラムを主人公に据えたステルスアクションは9月リリース

 ドイツのDaedalic Entertainmentは,Naconから販売が予定されているアクションADV新作「The Lord of the Rings: Gollum」PC / PS5 / Xbox Series X / PS4 / Xbox One / Nintendo Switch)のメディア向けオンラインプレゼンテーションを開催し,2022年9月1日にリリースするとアナウンスした。また,本作では初となるゲームプレイのライブデモも披露されたので,その内容を紹介しよう。




 「The Lord of the Rings: Gollum」はその名の通り,J.R.R.トールキンの古典ファンタジー小説「指輪物語」の正式ライセンスタイトルで,シリーズでは大きなカギを握る「ゴラム」(Gollum / 小説日本語版では“ゴクリ”)を主人公にした作品だ。ゴラムは,一つの指輪が持つ邪悪な力に耐性があるホビット族の「スメアゴル」(Sméagol)として生を受けたが,長年指輪を身に着けていたことによって身体がむしばまれ,ギョロリとした目と瘦せこけた身体,2つの人格を持つキャラクターである。




 本作では「小説が始まるあたりから,指輪の仲間が結成されて,モリアを旅するあたりまで」のストーリーが描かれるとのこと。小説では第5章で登場するゴラムだが,それ以前のほとんど知られていない軌跡を追っていくことになるようだ。今回のライブデモでは,ゴラムが長らく暮らしていた霧ふり山脈のゴブリン洞穴,その地下湖にいる彼の様子が紹介され,序盤の展開を確認できた。

 このシーンにはチュートリアルの要素があり,魔法使いのガンダルフによる遠隔でのテレパシーを使った尋問から逃れるようにして,本作の基本となるステルス操作を学んでいく。500年間も洞窟で暮らしていたゴラムは日の光に弱いため,太陽が昇り切る前に地下湖のねぐらへと帰っていくという場面だ。
 ガンダルフに個人を特定されているのは,それまで闇の森のエルフの王,スランドゥイルに囚われていたところから逃げ出したという,小説の描写に倣っているからだろう。




 ともあれ,プレイヤーはサウロンの目を恐れながら高低差のあるマップを移動し,障害物を飛び越えたり,岸壁を伝ったりするうちに,ステルス操作が身につくだろう。腕だけで横に移動するような場面ではスタミナを消費するため,画面下部のゲージを確認しながら,手際よく進んでいく必要があるようだ。




 ひ弱なゴラムは,デモの解説者が“ゴラム・センス”と呼ぶ能力を備えている。視界がすべてモノクロ表示になり,生物だけの輪郭を際立たせる能力だ。それを駆使して敵となるオークから隠れるようにして,岩場や暗がり,草むらの中に紛れて進んでいく。
 相手が一人の場合は背後から襲い掛かり,首を絞めるように羽交い絞めにし続けることで倒すことができるが,こちらもスタミナを消費するので,ヘルス値の高いリーダー格の敵に対しては有効ではないようだ。
 また,ゴラムは女王蜘蛛“シェロブ”を呼び出すという能力も持つ。今回のデモでは,洞窟の中の橋に佇むオークに石を投げつけて怒らせたあと,その背後から忍び寄るシェロブの餌食にするという流れをチェックすることができた。




 起業以来,15年にわたって数々のアドベンチャーゲームを世に送り出したDaedalic Entertainmentだが,「The Lord of the Rings: Gollum」においてもナラティブデザインにこだわりがあるようだ。“ゴラム”と“スメアゴル”の二面性をベースにしたさまざまなモラルの選択を行うことで,ストーリーや主要キャラクターとの関係が大きく変化していくという。
 なかでも興味深いのは,指輪の魔力に侵されたゴラムと,正しい行動をしようとするスメアゴルのモラルが3回連続して提示されていたシーンだ。モラルの選択が3回ということは,その組み合わせは8パターンになるわけだ。こうしたプレイヤーの選択が,ストーリーに大きな変化をもたらすことになると思われる。






 デモの最後には,「王の間」(King's Chamber)と記された,スランドゥイルの屋敷と思われる場所に潜入し,天井近くにつるされたシャンデリアなどを伝っていくシーンが紹介された。オブジェクトの作動やプラットフォームを利用するパズル要素も楽しめるようだ。
 ただ,現時点では映画にも登場するようなキャラクターの存在は確認できず,まだ紹介されていない要素も多いことだろう。
 日本にもファンが多い指輪物語の世界を舞台に,知られざるストーリーやステルスを楽しめる「The Lord of the Rings: Gollum」に期待している人は続報を楽しみにしておこう。

コメントを投稿する

関連トピック

ダイソンの掃除機&空気清浄機が最大40%OFF!【48時間限定セール】
電撃オンライン / 約2時間前
「釣りスピリッツ 釣って遊べる水族館」が発表に。2022年発売
4Gamer.net / 約4時間前
ステージクリア型の鉄道ストラテジー「RAILGRADE」のSwitch版が発表に。2022年秋に発売予定
4Gamer.net / 約4時間前
「リトル ノア 楽園の後継者」が本日配信開始に。スマホ向けRTSとして配信されたタイトルがアクションゲームとして新生
4Gamer.net / 約4時間前
「ANONYMOUS;CODE」のSwitch向け体験版が,本日よりニンテンドーeショップで配信
4Gamer.net / 約4時間前