ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!
TOP PCゲーム 黒森町綺譚

中華ゲーム見聞録:平成妖怪談アドベンチャー『黒森町綺譚』90年代日本の社会、事件、伝承がモチーフ—開発者インタビューもお届け




中華ゲーム見聞録」第58回目は、90年代当時の日本の事件や民間伝承、怪談などを元にした見下ろし型アドベンチャーゲーム『黒森町綺譚(Tales of the Black Forest)』をお届けします。

本作は拾英工作室が開発し、SakuraGameによって9月26日にSteamで配信されました。中国産のゲームながら、ゲームの舞台は90年代の日本。日本の妖怪文化や実際の事件をモチーフにした内容になっています。開発者の月光ショウ螂氏(「ショウ」は「章」に虫へん)とyszk氏は日本文化に興味を持っており、特にyszk氏は大学で日本史を専攻しているとのこと。今回は月光ショウ螂氏からコメントをいただけましたので、記事の最後でインタビューもお届けします


本作の内容ですが、RPGツクール製の見下ろし型アドベンチャーゲームです。主人公である女子高生の希原夏森(きはらかしん)は、黒森町にある鹿鳴駅に迷い込み、帰り道を探すための旅に出ます。実際に日本で起きた事件もモチーフにしているという本作、さっそくプレイしていきましょう。

平成10年の物語



ゲームが始まると、主人公である希原のモノローグが入ります。彼女は8歳のころ、母親とともに交通事故に遭いました。彼女は奇跡的に助かりましたが、母親は命を失ってしまいます。




そして平成10年(1998年)。高校生になった希原が目を覚ましたとき、見知らぬ駅のベンチに座っていました。周囲を暗い森に囲まれています。駅の名前は「鹿鳴駅」というようです。




希原は電車に乗って家に戻る途中でした。しかしいつの間にかここにいたようです。希原は交通事故に遭うまで「黒森町」に住んでいました。鹿鳴駅のある「鹿鳴村」は、黒森町の郊外にあるとのこと。この状況でもあまり動じていないのは、そういうクールな性格だからなのでしょうか。




とりあえず周辺の探索。ベンチの上には希原のカバンがあり、中を調べると学校のことなどを回想できます。駅舎の壁には鹿鳴村のポスター。果物の名産地のようですね。駅舎に入ろうとしたときに、汽笛が聞こえてきました。




駅舎に入ると、すぐ前に大きな穴が開いていました。そしてそこに白い羽毛が浮かんでいます。羽毛を手に入れると、入り口のすぐ横のスピーカーから、鹿鳴鉄道の広報と称して、世界の終わりを告げるような放送が流れてきます。終末論を唱える宗教団体が流しているものでしょうか。「最近そういう宗教団体が多くなってきた」といったようなことを話す希原。そういえばこの時期の日本では、ノストラダムスの大予言が流行っていましたね。




ラジオを調べていると、突然あたりが暗くなりました。目を開くと、どうも周囲の様子がおかしい。しかも目の前には、先ほどいなかったはずの銀髪の少女の姿がありました。

コメントを投稿する

1.名前:ferragamo belts
2020-08-10 08:58
Your home is valueble for me. Thanks!? ferragamo belts http://www.ferragamobelt.us

関連トピック

[TGS 2020]星々を開拓するSFシミュレーションから,ホラーアドベンチャーまで。中国のインディーズゲームを紹介するGamera Gameの公式放送レポート
4Gamer.net / 25日前