ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

GMOペパボがeスポーツチーム支援の公募を開始、2020年度は個人やストリーマーにも対象を拡大日本最速のアイマスPこと下田裕太は長距離ランナー兼esportsファンだった。GMOペパボはゲーマー支援の

 2019年11月19日、GMOペパボは現在実施しているeスポーツの活性化を支援する取り組みにおいて、2020年度の支援対象の公募受付を開始した。

-->

 2020年度は対象をチームだけでなく選手(個人)・ゲーム配信者(ストリーマー)にも拡大。双方で協議のうえ、サーバーやドメインの無償提供、オリジナルウェアの無償制作、グッズ販売サポートなど、同社のサービスを活用した支援を実施していく。

 本施策は2018年からスタート。アイマスPとしても知られる実業団マラソン選手の下田裕太氏も関わっており、ファミ通.comでは経緯を取材している。



eスポーツ支援の背景

 GMOペパボは「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」というミッションのもと、ホスティング事業、EC事業およびハンドメイド事業を展開しており、自社サービスを活用した各種取り組みを通じて学生やクリエイター、起業家などの活動・育成の支援にも積極的に取り組んでいます。
 昨今、 eスポーツの人気が急速に高まってきています。2018年の日本eスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は前年比66%増の383万人となっており(※1)、動画配信サービスでだれも人気軽に観戦・配信でき、季節による制約がないため1年中視聴者やファンの獲得が期待できるという特徴が、人気を後押ししていると考えられます。こうした人気の高まりを受けて、イベントの開催や協賛をはじめ、会場の提供、PC・ディスプレイの貸し出しなど、企業におけるeスポーツの活動支援の取り組みが活発化してきています。
 しかし、人気が高まる一方で、eスポーツチームの活動費は、その大半が企業によるスポンサー費用で賄われており、ファン獲得の取り組みやグッズ販売による収益拡大のアプローチには及んでいないのが現状です。
 そこでGMOペパボは、自社サービスの提供を通じてeスポーツのファンを増やすための取り組みを2019年から開始し、公募によって決定したeスポーツの最前線で活躍する10チーム(※2)を支援してまいりました。具体的な支援としては、オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」(URL:https://suzuri.jp/)を活躍した公式グッズの作成・ネット販売の実施支援や、レンタルサーバー「ロリポップ!」(URL:https://lolipop.jp/)の提供によるオフィシャルサイト運営支援などを行いました。
 この度GMOペパボは、2020年度においても本取り組みの継続を決定するとともに、支援対象を、チームに限らず、選手(個人)やストリーマーにまで拡大することとしました。
 GMOペパボは、自社社サービスの提供を通じて、チーム・選手(個人)・ストリーマーとファンをつなぐ架け橋となり、eスポーツ全体のファンの獲得への貢献と、日本国内におけるeスポーツのさらなる盛り上がりに寄与することを目指します。
(※1)出典:Gzブレイン「日本eスポーツファン推移(試合観戦・動画視聴)」http://gzbrain.jp/pdf/release181211.pdf
(※2)Ark5、WE-R1、ENLIFE、All Rejection Gaming、思考行結、ShinoBeeGaming、JUPITER、Sengoku Gaming、PNGesports、Lily Stars Gaming(50音順)

2019年度支援チームの主な成績

コメントを投稿する

最新記事

絶版状態だった『エヴァ劇場版』原画集が電子書籍で復刻! 庵野監督セレクトによる特典カラーページを30ページ以上新録
ファミ通.com / 11分前
テレビアニメ爆丸のアクションRPG「Bakugan: Champions of Vestroia」の制作が発表。発売は11月を予定
4Gamer.net / 41分前
「リネージュ」史上最大級を謳うアップデート「リネージュ リマスター」が7月15日に実装。クライアントの先行ダウンロードも開始
4Gamer.net / 41分前
スピラ・スピカ6枚目のシングル『Re:RISE -e.p.- 2』が2020年8月5日に発売決定
ファミ通.com / 約1時間前
『リステップ』ハクと玄刃のピックアップガチャ開始
電撃オンライン / 約1時間前